新しいもの好き

我が家にiPadがやってきました。

日中、PC画面と向き合っているからか、はたまたよる年波には勝てないということか。

とにかく年配の方が口にする〝目がショボショボする〟とはどういうことか、身を持って知るようになると、スマートフォンの小さな画面が辛くなってきました。

正直、電話が出来ればこれ一台で事足りますし、キーボードを接続した本機は入力も問題なし。PCすら不要。

遠い遠いご先祖の存在を今に感じるのと同じくらい、新しいものに触れると心がときめきます。

とはいえ、新しい知識を身につける速度は10年前とは違いますね。

年齢により変化している自分に出会うとき、若さに執着していることを知ります。

年老いた自分の中に残っているものはなにか。何を手放し、何を大切にしているのか。

そこには〝本当の私〟がいることでしょう。

iPadの話から、なぜそこまで飛躍したのかはわかりません。

次の記事

子どもに戻る