祈り

いつ頃からか、私の中で『祈り』は大きなキーワードになっています。

個人の欲求ではなく、尊さや慈しみから発する行動や思いを意味しており
意図しておこすものでなく、ただ日々を暮らすことが私の思う祈りなのです。
暮らしの中にこもった祈りが自然界に響き、そこに属する自分も満たされる。

そういう意味の言葉です。

桜とカタバミの花

メディアやネットからの情報で知識が過剰に蓄えられ、手足を使うことなく頭だけが飽和状態になると、暮らしは祈りからは遠ざかります。

厳格であるつもりはありませんが、暮らしの隅々に祈りを散りばめたいのです。

尊み慈しむ。

そんな毎日を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です