タイムのかおり

思い付いたら書くまで消えず延々考えてしまう思考があります。

今ならタイムのこと。

ずーっと繰り返し頭の中で文章化する作業を繰り返しており、「これは外に出さねば先へ進めない」と観念し、今日はタイムについて書くことにします。

冬のタイム

※我が家の庭草。葉っぱ赤いけど、香りはちゃんとタイムです(笑)

タイムというのはスパイスでもよく知られるハーブの一種。精油もハーブのように心身を強壮する香りがします。

私は一時期、メンタルのケアに使用していました。気が重く逃げ出したくなる朝、お腹と腰に塗って通勤していたのです。結局その職場は辞めましたが、途中で放り出すことなく最後まで勤められたのはタイムがくれたパワーのおかげです。

この強い香りが数秘でいうところの『4』の力とリンクしてるように思え、ひたすら言語化しようと模索しています。

リアリティ。肉体。そこにあること。それらを実感する力を持っています。

例えば、問題が起こったとき、心を鎮め瞑想し俯瞰してその本質を探ろういうのではなく、自らを奮い立たせることで立ち向かい、感情に振り回されることなくおのれの中の正義でもって現実的に解決するパワー。

それが私の中にあるタイムという精油です。

風邪っぴきの免疫強壮だけでなく、メンタル面のサポートに活用してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

満月の夜